【経歴】 香川県出身
平成02年03月  中央大学法学部法律学科卒業
平成09年04月  弁護士登録(大阪弁護士会所属)
平成14年10月  独立開業・ふたば法律事務所開設
平成25年05月  アーカス総合法律事務所設立
【主な取扱分野】 -個人の皆様へ
遺言・相続に関するご相談 交通事故・労災事故・医療事故に関するご相談
離婚・男女問題に関するご相談 自己破産申立,個人再生申立,任意整理に関するご相談
-法人・個人事業主の皆様へ
経営法務 労働法務 企業間アライアンス(提携)に関わる契約法務
知的財産権の出願サポート・紛争対応 
表示規制をめぐる問題(薬事法,景表法,JAS法,食品衛生法,健康食品法,機能性表示等) 
ベンチャー・新規起業支援 倒産処理 事業再生 事業承継(親族・関係者承継,M&A)中小企業向各種施策の申請支援・代理
【実績】 奈良先端科学技術大学院大学MOT技術経営教材開発委員会委員(H17.9-H18.3)
大阪産業創造館 あきないえーど あきない経営サポーター(-H19.3)
発明協会技術経営アドバイザー(-H21.3)
堺市包括外部監査補助者(H20-H22)
和泉市立病院経営監視委員会委員(H20.9-現在)
大阪経済大学非常勤講師(知的財産権法 H23.4-現在)
中小企業経営革新等認定支援機関(H24.11-現在)
【執筆】 デジタルコンテンツ法(大阪弁護士会知的財産法実務研究会編 共著)
知的財産契約の理論と実務(大阪弁護士会知的財産法実務研究会編 共著)
医療過誤事件マニュアル(大阪弁護士会医療過誤事件マニュアルプロジェクトチーム編 共著)
共同研究開発契約の理論と実務(NBL連載共著 担当第5回開発成果の利用・管理・権利行使・改良発明)
【所属】 大阪弁護士会 大阪商工会議所
【ご挨拶】 紛争を未然に防ぐためにご一緒に取り組むことができればと思います。
そして,残念ながら紛争が避けられない状況に至ってしまったときには,
皆様が自身で選択して先に進むお手伝いをしたいと思います。

【経歴】 平成2年3月 大阪府立大手前高等学校卒業
平成2年4月 中央大学法学部法律学科入学
平成6年3月 中央大学法学部法律学科卒業
平成12年4月 弁護士登録(大阪弁護士会所属)
平成12年9月 宅建建物取引主任者試験合格
平成25年5月 アーカス総合法律事務所設立
【主な取扱分野】 一般民事・商事事件、企業法務、海外進出支援、契約書(英文契約書を含む)
作成・チェック、渉外家事・民事・商事事件(外国人又は外国会社が関係する事件、 国際商取引、ハーグ条約事案、国際離婚、国際面会交流等)、家事事件(離婚、遺言、相続、成年後見等)、 不動産関連事件、消費者被害事件(投資被害事件、欠陥住宅事件等)、医療事故事件、倒産処理事件(個人再生、破産、任意整理)、環境法関連事件
【実績】 先物取引被害研究会(H12.4-現在)
医療問題研究会(H12.4-現在)
大阪産業創造館 あきないえーど あきない経営サポーター(-H17.3)
経済産業省近畿経済産業局企画「ベンチャー企業の倒産・廃業時における対応策の研究とその知識の有効活用に関する調査研究」研究会委員(H14.12-H15.3)
大阪市産業創造館指定管理予定者選定委員会委員(H17.10‐H17.12)
仲裁人実務研修講座修了(H19.6-H19.11)
社団法人日本仲裁人協会登録(H21.6-現在)
家庭裁判所調停官就任(非常勤裁判官)(H22.10-H26.9)
大阪弁護士会国際委員会ハーグ条約特別委員(H23.4-現在)
日本仲裁人協会(JAA)関西支部事務局次長(H24.4-現在)
【執筆】 「最新不正競争関係判例と実務第2版」(大阪弁護士会友新会編 分担著)
「特別縁故者をめぐる法律実務―類型別のポイントと書式―」(新日本法規出版 共著)
【所属】

大阪弁護士会

―国際委員会ハーグ条約特別委員会・高齢者障害者総合支援センター委員会・医療問題研究会

日本仲裁人協会(関西支部事務局次長)

大阪日豪協会(理事)

IPBA(環太平洋法曹協会)

日本環境会議

日本環境法政策学会

日本空法学会

【経歴】 平成7年3月 関西学院大学法学部政治学科卒業
平成17年10月 弁護士登録(大阪弁護士会所属)
平成25年5月アーカス総合法律事務所設立
【主な取扱分野】 企業法務,労働事件,事業承継,企業再生,負債処理(破産,任意整理,個人再生含む),家事事件(離婚,遺言,相続,成年後見等),海外進出支援,医療事故事件,医療事故事件,知的財産関連事件,各種契約書作成・チェック,一般民事・刑事事件
【実績】 平成17年10月 大阪弁護士会子どもの権利委員会所属(~平成21年3月)
平成21年4月 大阪弁護士会交通事故委員会所属(~平成23年3月)
平成25年12月 大阪弁護士会男女共同参画推進本部委員
平成26年8月 大阪府中小企業同友会所属
【所属】 大阪府中小企業同友会
【ご挨拶】 社会に役立つ人間でありたいという思いから,弁護士を志しました。
現在は,皆様の法的トラブルを予防する,あるいは解決することにより, 社会への貢献に邁進する日々です。トラブルの予防,解決に向けて, お客さまと真摯に向き合い,共に歩みたいと考えておりますので,何なりとご相談下さい。

【経歴】 兵庫県立北摂三田高等学校 卒業
 在学中(高校2年時)1年間オーストラリア留学(St. Columba’s High school) 
平成12年 北海道大学 法学部卒業(馬術部卒部)
平成17年10月 弁護士登録(大阪弁護士会)
「刑事公設法律事務所」(現大阪パブリック法律事務所)にて5年間執務
平成19年 女児を出産
平成22年~平成25年 奄美大島にて執務。
平成25年10月 独立 「アーカス総合法律事務所」にパートナーとして参加。
【主な取扱分野】 刑事事件(少年、裁判員裁判対象事件を含む)、家事事件(離婚、遺言、相続、成年後見等)、債権回収、債務整理(破産、再生、任意整理)、交通事故、労働(残業代、解雇、パワハラ、セクハラ等)、消費者被害、不動産関係(明渡し、賃料不払い等、境界争い等)、中小企業法務(契約書・利用規約の作成・チェック、CSRアドバイス等)、ベンチャー起業支援、女性の起業支援、事業承継(M&A等),海外展開支援(インバウンド・アウトバウンド)
【実績】 平成21年末~ 米国国務省人材交流プログラム(IVLP)に参加
(陪審制を中心とする米国の司法制度調査)
平成22年秋 米国サンディエゴ法廷技術研修視察
平成25年~平成26年
 米国大使館等が主催する“2013 TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program”(女性のリーダーシップ教育プログラム)にメンターとして参加。
平成26年9月 タイ-ラオス視察(中小企業の海外展開支援のため、マッチングと視察)。タイ現地法律事務所と友好協定。
平成27年2月 米国カリフォルニア州シリコンバレーにて、ベンチャー起業家育成プログラムにメンターとして参加。
【所属】 ・日本弁護士連合会 刑事弁護センター 幹事
・大阪弁護士会 刑事弁護委員会 委員
・同 男女共同参画推進本部 委員
・同 家事法制委員会 委員
・同 国際委員会 委員
【所属組織】 ・大阪府中小企業家同友会 東大阪西支部
・Global Ventures Habitat(GVH)大阪 サポーター会員
(大阪市からの受託事業としてベンチャー企業を支援する取組みに参画) 
・日本女性エグゼクティブ協会(JAFE)会員
【ご挨拶】 大阪の中小企業の高いホスピタリティと技術力が、世界中で活かされる日を夢見ています。 すべての女性が、社会の中でそれぞれの個性を活かして輝けるよう、応援しています。
ベンチャー企業がもっと活躍し、社会がより豊になることを願ってサポートしています。 世界中の子どもたちが、学ぶ機会を得て、幸せになれるよう、自分に出来ることを模索し続けています。 罪を犯し、あるいは犯したと疑われ、社会から落ちこぼれてしまった人を、支える仕事にやり甲斐を感じています。 欲張りなようですが、結局は、一人一人のお客様が笑顔になって下さることこそが、世の中を明るくすることに、どこかで繋がっているように思います。 まずは、お話をお聞かせ下さい。出来ることを、ご一緒に探させて頂ければ、とても幸せです。

【経歴】 平成15年3月  近畿大学附属高等学校卒業
平成15年4月  関西大学法学部法律学科入学
平成19年3月  関西大学法学部法律学科卒業
平成22年3月  関西大学大学院法務研究科法曹養成専攻修了
平成24年1月  弁護士登録(大阪弁護士会所属)
平成25年5月  アーカス総合法律事務所設立
【主な取扱分野】 一般民事・商事,企業法務(独占禁止法,知的財産権,交渉※交渉担当者育成含む), 税務訴訟,医療過誤,家事(離婚,遺言,相続,DV被害等),刑事事件(少年事件含む)
【実績】 平成17年9月 宅地建物取引主任者試験合格
平成22年9月 全国経理教育協会簿記能力検定2級,3級合格
平成26年1月 第2級知的財産管理技能士検定試験 合格
大阪弁護士会各委員会所属
(交通事故委員会、医療委員会、犯罪被害者支援委員会、刑事弁護委員会)
関西大学法科大学院(ロースクール)アカデミックアドバイザー
税務訴訟研究会会員
IT教育研究所主催交渉学講師育成プログラム修了(第1期生)
関西特許研究会所属
日本仲裁人協会所属
交渉学講師、ティーチングアシスタント(主に大学、大学院、企業、個人事業主)
【ご挨拶】 「クライアントの傍らに立ち続ける弁護士でありたい。」これが私の理想とする弁護士像です。 担当したクライアント(依頼者)から、プロフェッショナルとしての仕事をしたと思っていただけるように、日々成長していきたいと思っております。

ページトップへ戻る